免許証の背景写真をピンクにできるナデシコピンク!どこにある?

免許証の写真というのは、あまりうまく写れた記憶がなくて他人に見せるのが嫌だったりしますよね。あまり人に見せたくない免許証写真も背景がピンクだったらかわいくて、ついつい人に自慢したくなってしまうかのしれませんよね。

日産自動車から「日産マーチ」の人気カラー「ナデシコピンク」を元に開発された証明写真システム「ナデシコピンク ID-PHOTO」が全国展開させるそうです。人気車種とのコラボレーションという事もあり女性には特に気になるニュースではないでしょうか。

スポンサードリンク

免許証の証明写真には自治体や管轄警察署によって、特殊色の背景写真は認可されない場合などもあるようでしたので、細かく調べてみました。

 

ナデシコピンクとは

「マーチが目指したのは、女性がかわいくみえる色」をテーマに現在発売中の日産マーチは11色のボディカラーがラインアップされています。その中でも、ナデシコピンクは「日本の女性の肌に似合うよう、繊細な調整を重ねてつくった自信作のピンク」というこだわりぬいたカラーとのことです。

車に乗る女性だけでなく、免許証の背景カラーとしても日本の女性の肌に似合うピンクならば写真が映えますね!

 

どこでナデシコピンクの写真を撮れるのか

日産自動車(横浜)でID-PHOTO BOOTHを体験できるイベントがあります!無料で体験できる特別な写真機が用意されているとのことです。お近くの方は是非無料イベント期間中にお試ししたいですね!

【設置期間】2018年1月26日(金)~2月27日(火)まで
【営業時間】10:00~20:00 (休館日は不定期)ただし設置期間中だと2018年2月23日(金)が休館日のようです。
【住所】〒220-8686 神奈川県横浜市西区高島一丁目1番1号(横浜駅東口より徒歩7分)

横浜以外では「キレイな証明写真・スピード写真で人気の”Ki-Re-i”」という証明写真機にて2月20日(火)より、全国で、ナデシコピンクの証明写真が撮影できるようになります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

スポンサードリンク

申請時の注意と手順

 

①お住まいの自治体の運転免許更新センターに確認しましょう。自治体、管轄警察署によって、特殊色背景写真での作成を認可していない場合があります。指定された更新会場のお問い合わせ窓口もしくはWebサイトにて確認しましょう。

また、持ち込み写真での免許証作成は、免許更新時のみ可能なので初回はできないようです。

②なでしこピンクの証明写真を横浜や証明写真機”Ki-Re-i”で撮影します。

③更新センターの窓口に写真を持参しましょう。

④完成したナデシコピンクの免許証を受け取ります!ただし、更新する場所によって、受け取り方法・期間が異なるので、事前にご確認の上更新してください。

 

まとめ

 

2月20日(火)より、全国の証明写真機”Ki-Re-i”で、ピンク色の背景にできる免許証写真が撮影できるようになります。

日産マーチとコラボした「日本の女性の肌に似合うよう、繊細な調整を重ねてつくった自信作のピンク」ナデシコピンクの背景写真です!

ただし、自治体、管轄警察署によって、特殊色背景写真での作成を認可していない場合があるので事前に確認してから写真を撮りましょう。また、持ち込み写真での免許証作成は、免許更新時のみ可能なので初回はできないようなのでご注意くださいね。

新商品パクチーせんべいを紹介!美味しい?購入方法は?値段は?

若い女性を中心にパクチーにはまる方は年々増えてきていますよね。一度ハマるとパクチーの独特の香りや味はクセになってしまいます。そんな魅惑の食べ物「パクチー」から「パクチーせんべい」が2018年2月1日(木)にスギ製菓さんから発売されました。

パクチーの美味しさがどこまでせんべいに生かされているのでしょうか?パクチーとせんべいとの相性もあると思いますが、そこは、いかせんべい・たこせんべい・えびせんべいなどを長年作り続けているスギ製菓さんに期待会いたいところです。

スポンサードリンク

パクチーせんべいのうわさを聞いて、ネットで発見したところ、美味しそうだったのでお値段や購入方法など調べてみました。

 

パクチーせんべいとは

パクチーペーストを16%練り込んだ一口サイズのおせんべいで、東南アジア料理に欠かせないレモングラスやバイマクルーも加えてあり、エキゾチックな味わいに仕上がっています。

 

パクチーせんべいと同時に発売された麻辣せんべい

辛くて刺激的な一口サイズのおせんべいで、麻は「花椒の舌が痺れる辛さ」、辣は「唐辛子の舌がヒリヒリする辛さ」という四川料理に欠かせない混合スパイス「五香粉」を加え、香り豊かなおせんべいに仕上がっています。

主に海鮮せんべいを製造しているスギ製菓は、今までになかった新しいジャンルの商品に取り組もうと2017年夏に企画開発を始め、世の中の食のトレンドから、若い女性に人気のある「パクチー」や「香辛料」に着目をしたとのことです。

 

値段と購入方法は

 

お値段は内容量が32gで220円(税抜)です。購入できるお店は全国の量販店や専門店、えびせん家族全店にて販売されています。

えびせん家族とは、いかせんべい・たこせんべい・えびせんべいの製造しているスギ製菓さんの直売店です。

スポンサードリンク

 

材料と賞味期限は

 

【原材料】
澱粉、パクチーペースト、米粉(国産)、植物油脂、じゃがいも、パクチーシーズニング、たん白加水分解物、食塩、卵白、唐辛子、パイマクルー、レモングラス、デキストリン、酵母エキス、砂糖、セルロース、調味料(アミノ酸等)、香料、香辛料抽出物、酸化防止剤(ビタミンE)、着色料(ベニバナ黄、クチナシ青、カラメル)、二酸化ケイ素、甘味料(ステビア、カンゾウ)

【特定原材料等】卵、大豆

【賞味期限】製造日より90日

という事です。卵と大豆アレルギーの方はご注意ください。

 

まとめ

2018年2月1日(木)にスギ製菓さんから発売された「パクチーせんべい」と「麻辣せんべい」

内容量は32gで価格は220円(税抜)。

全国の量販店や専門店、えびせん家族全店にて購入できます。

特定原材料から卵と大豆アレルギーの方はご注意ください。

肉まんをホットサンドメーカーで焼くと激うま!飯テロと話題!

寒い冬、コンビニの定番と言えば、肉まん、あんまんですよね!私のように一人暮らしをしていると家で肉まんを蒸したりするのはめんどくさくなってしまって、ついついコンビニで買ってしまいます。

そんなめんどくさがり屋でも簡単に自宅でできそうな画期的なツイートが話題になっています!

本来の蒸した肉まんではなく、こんがりと焼いたパニーニのような肉まんですが、見た目からして確実に美味い!と思われます。強力な飯テロ画像ツイートとして話題沸騰中です。

このツイートを投稿したのは、緑\(‘ω’)/箱‏(@midori_box)さん。ソーシャルゲームのキャラ作成などのお仕事をされているそうです。

 

スポンサードリンク

 

 

作り方

 

「市販の肉まん、ピザまんをそのままホットサンドメーカーにかける」というとてもシンプルなもの。

シンプルな説明過ぎて自分で作れるのか不安を感じたのでさらに調べてみました。

 

ツイートのホットサンドメーカーについて

 

ホットサンドメーカーは2種類あり、直火式と電気式があります。

今回のツイートで使われているのは、電気式のホットサンドメーカーで、「シュアー ホットサンドメーカー SHM-75S ブラック」で3000円程度で購入できるようです。

商品の特徴として、「中仕切りつきで、一度に4ピースのホットサンドが焼ける。高品質フッ素加工で、汚れにくく、焦げ付きにくいプレート。パイロットランプで加熱状態が分かりやすくなっている。」とのことです。

また、ワッフルメーカーでもできるという情報もありました。

 

ホットサンドメーカーの使い方

 

食パンの場合

①ホットサンドメーカーをコンセントにつなぐと予熱が開始されるので5~6分待つ。

②予熱の間にパンにバターやマーガリンを塗る。(今回の肉まんはバターを塗っていない)

③3~4分で焼きあがります。焼き目はお好みでとい事なのでパンの表面をチェックしながら焼くようです。

④片づけは、コンセントを抜いてプレート面に触れられるくらいの温かいうちに掃除するそうです。その後、完全に冷えてから片づけます。

という事で肉まんも同じような手順で調理できると思います。やはり焼きすぎて焦げてしまうともったいないので焼き目をチェックしながら調理した方が良さそうですね!

スポンサードリンク

 

使用する肉まんについて

 

コンビニで売っている蒸した肉まんではなく、市販で売っている主にレンジでチンして食べるタイプのものを使用するようです。

肉まん以外にもピザまんやあんまんも美味しいと報告がありました。

今回のツイートは肉まん自体が半分ずつになり、パニーニのような形ですが半分にせずに焼けるタイプのホットサンドメーカーでは「おやき」風になり、そちらも美味しいというコメントが多く寄せられています。

肉まん、あんまん、ピザまん以外だとカレーマンでもめちゃめちゃ美味しそうですよね!しかも焼き立てで表面パリパリで美味しさは間違いないです!!

 

まとめ

 

話題の飯テロメニュー「ホットサンドメーカーで焼いた肉まん」は、蒸かす前の市販の肉まんを使い、電気式ホットサンドメーカーの「シュアー ホットサンドメーカー SHM-75S ブラック」で作っていました。

肉まんだけでなく、あんまん、ピザまんなども美味しく、カリカリな表面の焼き目が見るからに美味しそうでした。