正しい姿勢を維持するためには腹斜筋が大事!

スポンサードリンク


こんにちは。今回は正しい姿勢とそれを維持するための筋肉についてお話しします。

【猫背姿勢による体への影響】

猫背姿勢の場合だとまず第一に首や肩、腰などに、人体の構造上、物理的に負担がかかり慢性的な肩こりや慢性的な腰痛につながってしまいます。

猫背姿勢の場合だと頭の重さを支えるのに背骨を上手に利用できず、体の背面側の脊柱起立筋や僧帽筋、胸鎖乳突筋に特に大きく負担がかかることになります。

脊柱起立筋というのは後頭部のあたりから腰の下の骨盤の方までを結ぶ、主に背骨をサポートする筋肉です。

本来、体を支えるのは背骨なのですが、猫背姿勢のようになってしまうと体の支柱である背骨が丸まってしまい力を抜くと倒れてしまいます。そんな体をを倒さないために脊柱起立筋が後ろに引っ張り続けて姿勢を保っているという状態です。

大きな力ではないのですが筋肉に長時間力を入れ続けている状態なので、筋肉内に乳酸が溜まり筋肉の柔軟性がなくなってきてガチガチの肩こりや腰痛の原因となります。

【胸郭について】

このような状態を正すには、胸郭を引き上げることが重要になってきます。

胸郭を引き上げたいけれど体が硬くて引き上がらないほど筋肉が固まっている場合もあります。そんな時はみぞおちの裏に半分に折った座布団やちょっと固めのクッションなどを入れて仰向けになり体の前面を伸ばすストレッチをすると良いです。

この時に肩が痛くない場合は両手をバンザイして上に伸ばすとより胸郭が伸展されて良いです。

伸ばす時間は、苦しい方は1分ぐらいから始めて、慣れてきたら5分ほど体の前面や側面が伸びているのを感じながらストレッチをすると良いです。

5分ほど仰向けに寝るだけのストレッチをしてからもう一度立ち上がってみましょう。すると先ほどよりも胸郭の上がった正しい姿勢が取りやすくなっていると思います。

胸郭の上がった正しい姿勢が取れているとするならば、頭が背骨の上にちゃんと乗るような姿勢を取れていると思います。

また良い姿勢をとるときに腰の力を使いすぎると腰に痛みが出てくることがあります。

スポンサードリンク

【腹斜筋について】

良い姿勢を取るときのポイントとしては腹斜筋という胸郭の下についている筋肉を鍛えると腰や背中の力でなく腹筋で良い姿勢が取れるようになります。

腹斜筋を意識するためには、立っている姿勢の時に両手を真上にバンザイします。この時に手のひらがまっすぐ上に向くような逆立ちをしているような姿勢になると良いです。

逆立ちをしているような姿勢になると胸郭が上がったような状態になります。胸郭が上がった状態をキープしながら腕と肩を下ろします。その時に胸郭の下の脇腹のあたりに少し力が入っていると思います。その部分が腹斜筋です。

最初は、良い姿勢を取ることで、すぐに疲れてしまうと思います。しかし、良い姿勢を続けていくことで、腹斜筋などの体幹部を支える筋肉群の筋力トレーニングになり徐々に良い姿勢の方が体に馴染んできます。

すると猫背姿勢の方が違和感を感じて辛くなってきます。そのようになれば、気を抜いた無意識の状態でも正しい姿勢をとっていることができ、辛い肩こりや腰痛とは無縁の体になっているはずです。

・正しい姿勢を理解すること
・正しい姿勢を続けて維持できる筋肉をつけていくこと
・それを体になじませ、無意識状態の時にも正しい姿勢をとれているような習慣をつけていくこと

が大事になってきます。

以上で正しい姿勢とそれを維持するための筋肉についてお話しを終わります。読んでくださりありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です