コレステロールによる動脈硬化の予防には抗酸化物質とレシチン

スポンサードリンク


こんにちは。今回はコレステロールについてお話ししようと思います。

コレステロールは病気の原因になってしまう怖い物質ように考えている方もいるのではないでしょうか?コレステロールは体に必要な物質であり不足するとガンのリスクが高まります。

【コレステロールとは】

コレステロールは全ての細胞の膜である細胞膜を作る原料です。コレステロールが不足して細胞膜が弱くなってしまうと、細胞がガン化してしまうリスクが高まると言われています。

紫外線を浴びると肌にあるコレステロールがビタミンDに変わります。ビタミンDはカルシウムの吸収に必要なビタミンです。よって、コレステロールの不足は骨を弱めてしまうリスクもあります。

体内で合成されるステロイドホルモンはコレステロールが原料です。ステロイドホルモンとは副腎皮質皮質ホルモン、男性ホルモン、女性ホルモンといったものがあります。副腎皮質ホルモンの役割は生体エネルギーの利用を助けたり、血糖値を上昇させたり、水分を保持したり、気分を高揚させたりするなどの働きです。ステロイドホルモンの不足は全身の倦怠感につながります。

【善玉コレステロール(HDL)と悪玉コレステロール(LDL)】

コレステロールでよく耳にする善玉コレステロール(HDL)悪玉コレステロール(LDL)とはどういったものなのでしょうか?

肝臓でコレステロールはリボ蛋白という物質に包まれます。このときのリボ蛋白の種類によって分けられるのが、善玉コレステロールと悪玉コレステロールです。

LDLは肝臓から全身のコレステロールを必要としている組織へ届けられます。

HDLの働きは、組織に送ったLDLの中から余ったLDLを回収し、肝臓に戻すということです。

スポンサードリンク

【コレステロールと病気の始まり】

それではどういった時にコレステロールが病気につながっていくのでしょうか?

LDLが血管を移動中に活性酸素とくっついてしまうとLDLの膜であるリボ蛋白が酸化して壊れてしまいます。膜が壊れるとLDLからコレステロールが血管中に漏れ出してしまいますが、漏れ出したコレステロールを処理するのが、異物を食べる掃除屋の役割を持つマクロファージです。

活性酸素が多くてマクロファージが処理しきれないくらいにコレステロールが漏れ出した時は、血管壁にある平滑筋細胞がコレステロールを取り込もうと働きます。

コレステロールを取り込んだ血管壁にはアテロームとよばれるコブができ、活性酸素が多いとそのような流れでコブがどんどん大きくなっていきます。コブが大きくなると血管がだんだん詰まってきてしまうということです。またコブが傷ついて、中に入っていた物質が血管中に放出放出されると血液中を流れて、細い血管を詰まらせてしまうことがあります。

LDLに対してHDLが不足していなければ、回収作業が間に合って、動脈硬化心筋梗塞といった病気の原因にはならないです。

コレステロール自体は必要な物質なので、リポタンパクが破壊されないように活性酸素の対策として、抗酸化物質を摂取するなどしてため込まないことが必要です。

また、壊れてリボ蛋白から放出されたコレステロールはレシチンという物質と一緒になったときに、胆汁に生成されて体の外に排出されます。胆汁の働きは、脂肪の消化や吸収の代謝です。

レシチンは卵の黄身や大豆などの食品に多く含まれています。レシチンを十分に摂取していれば、余ったコレステロールは適切に処理されますので、アテロームの形成にも繋がりません。

以上でコレステロールの話を終わりにします。ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です