【五輪】東京オリンピック・パラリンピック開・閉会式演出総合プランニングチームに椎名林檎など8名。秋元康は?北野武は?

2020年東京オリンピック・パラリンピックの開・閉会式の大会組織委員会が『総合プランニングチーム』を設置しました。

スポンサードリンク

メンバーの人選のポイントは?

①映像とストーリーを総合できる人材
②日本、東京の伝統を演出できる人材
③共生・パラリンピックを表現できる人材

そして2020年以降も世界で活躍できるような世代とのことです。

コンセプトは?

2017年4月「年内にも芸能界、スポーツ界など各界からヒアリングを行い、有識者懇談会で選出方法を決定する」と発表されていました。

その有識者懇談会で基本コンセプト作りが進められ12月20日にまとめられた。以下、基本コンセプトです。

平和
強制
復興
未来
日本・東京
アスリート
参画
ワクワク感・ドキドキ感  の8項目

そして、オリンピックとパラリンピックの開・閉会式の4式典を「一連の4部作と捉え、起承転結となるよう、メリハリをつけて構成する」と明記。

総合プランニングチームのメンバーは?

映画監督、VFXディレクターの 山崎隆 氏

・「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズ、「寄生獣」、「STAND BY ME ドラえもん」など
・VFXプロデューサーとは映像技術の1つでコンピューターグラフィックスを用いた映像合成などの視覚効果の制作指揮を取る。

映画プロデューサー、小説家、絵本作家の 川村元気 氏

・『電車男』『告白』『君の名は。』など映画プロデュース
・小説『世界から猫が消えたなら』『億男』など

狂言方和泉流の能楽師、俳優の 野村萬斎 氏

・伝統芸能からシン・ゴジラまでこなす!

自ら障害を持ちながらも障害者の表現活動を支えるディレクター栗栖良依(くりすよしえ)氏

・誰もがものづくりを通して交流する「スローファクトリー」
・新たな芸術表現に 取り組む「ヨコハマ・パラトリエンナーレ」
・病院、介護施設、学校などの 施設でボランティアパフォーマーによるサーカスのパフォーマンス「ソーシャル・サーカス」  などに関わる。

以上の4名と、リオオリンピック閉会式のハンドオーバーセレモニー(五輪旗引き継ぎ式)演出チームの一員で安倍晋三首相がスーパーマリオブラザーズのマリオに扮する演出を行ったチームの一員の以下の4名

スポンサードリンク

シンガーソングライターの 椎名林檎子 氏

・『本能』、『ここでキスして。』、『歌舞伎町の女王』、『幸福論』 など

クリエイティブディレクターの 佐々木宏 氏

・BOSSの宇宙人シリーズCM  トミー・リー・ジョーンズが宇宙人として登場するシリーズ
・ソフトバンクの白戸家シリーズCM  上戸彩さんと白い犬のシリーズ
・トヨタのドラえもんシリーズCM  ジャン・レノがドラえもん役のシリーズ  など

クリエーティブ・テクノロジスト 神尾薫 氏

・2014年に世界で最も表彰されたキャンペーンとなった本田技研工業インターナビ「Sound of Honda /Ayrton Senna1989」
・東京オリンピック招致最終プレゼンで紹介された「太田雄貴 Fencing Visualized」
・国立競技場56年の歴史の最後の15分間「SAYONARA 国立競技場 FINAL FOR THE FUTURE」  など

演出振付家 MIKIKO 

・星野源、Perfume、BABYMETAL  などの振付。

という8名が選ばれました。

平均年齢45.5歳という比較的フレッシュな人生になりました。

総合プランニングチームは、2018年の夏ごろをめどに4つの式典(オリンピック、パラリンピックの開・閉会式)を貫くメッセージや起承転結の大まかなストーリーなどを検討し、各式典の監督を選任するそうです。

4つの式典の監督は誰になるのでしょうか?

中井元(なかい はじめ)組織委員会チーフ・セレモニー・オフィサーは「8人は当然候補となる」と話しています。この8人以外に新たに監督を迎える可能性も否定はしておらず、人数は「ポストとしては4つあるが、ストーリーの検討次第で変わってくる」とも。

北京、ロンドン、リオと3大会連続で映画監督が演出を務めています。2017年4月から候補者の色々な予想が立てられていました。

映画監督として世界的に認められ、予想に挙げられていた北野武氏はどうなのでしょうか?

多くの人からたけしさんがやってくれたら面白いものになるのではないかと期待を持たれています。
本人も以前にもし演出できるならというプランを色々と発表しています。

・流鏑馬(やぶさめ)でじゃんじゃん聖火台に矢を打ち込むのもいいな。
・2020年だったら、大きなロボットも動く。5つの輪で輪投げをする。輪はデジタルで見せればいい。ロボットと日本古来の芸の融合だよ。
・ももいろクローバーZが5つの輪から出てきてもいい。歌って踊った後、その輪から歌舞伎俳優が出てきて、入れ替わる。  など

これらは取材されているときに即興で思い付きを述べたもので、じっくりと考えたならばさらに面白いアイディアが溢れてくることでしょう。

他に噂されていた秋元康氏はどうでしょうか?

こちらはネットやテレビなどから耳にした限りでは批判的な意見が多かったように思います。

・マツコ・デラックス氏「選抜メンバーでJAPAN48はやってくださって結構ですけど、絶対、開会式やってほしくないね! 開会式と閉会式は本当に恥ずかしくないものにして!」と。
・椎名林檎氏「誰もいいって言ってないのに、なぜかいろんな都合で、あっ、ここはこうなっちゃって、ここはこうなっちゃって、組み合わせちぐはぐでアチャーっていうのが恐いじゃないですか」「J-POPと呼ばれるものを作っていい立場にあるその視点から、 絶対に回避せねばならない方向性はどういうものか、毎日考えてます」
・ネット上では「マジ勘弁」「日本オワタ」 など

また秋山氏自身も

東京オリンピックでJAPAN48やるんですか?という質問に対し、「あるわけないだろ。国の大切な行事だぞ」という返答をしています。

今回、総合プランニングチームが発表された中に椎名林檎氏が入っていることから、秋元康氏の演出はなさそうな方向性ですね。

 

なんにせよ2018年になり、オリンピック関連のニュースが増えてきましたね。競技自体はもちろん楽しみですが、開会式と閉会式もどのようなものになるか楽しみですね。

スポンサードリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です