平成30年の恵方巻き 方角?食べ方のルール?願い事?2018

近年では、すっかりと定着した恵方巻き!気になる今年の方角正しい食べ方のルール願い事をかなえる方法など、気になりましたので調べてみました!

後半は「願いをかなえる方法としての恵方巻き」について書いてみました!

2月3日の行事というと「福はうち、鬼はそと」の豆まきをして、年の数だけ豆を食べ厄除けをする行事でした。本格的に行うご家庭では「邪気除けの柊鰯(ヒイラギイワシ)を飾る」という事もされるようです。

そんな節分ですが、豆まきに加えて大阪では巻き寿司を丸ごと1本無言で食べる行事が行われおり、それが恵方巻を食べる行事としと今では全国に広がっています。

今年の恵方の方角はどちらでしょうか?

2018年の恵方の方角は南南東です。

毎年方角が変わるイメージがありますが、恵方と言うのは実は4方向のみで、4方向を5年周期でローテーションしていくものなのです。

ただし、4方向のうちで南南東だけが5年周期のローテーションのうちで2回出てきます。

西暦の数字の下一桁によって方角が決まります。

0,5の年     → 西南西

1,3,6,8の年 → 南南東

2,7の年     → 北北西

4,9の年     → 東北東

となっています。

今年は2018年なので下一桁が8なので、南南東と言うことになります。

方角は十干十二支は陰陽五行説、十二支(干支)を組み合わせてできていますが、簡単に捉えると西暦の数字の下一桁で方角が分かります。

 

恵方巻の正しい食べ方やルールはあるのでしょうか?

「節分の夜に、恵方に向かって願い事を思い浮かべながら丸かじり・丸かぶりし、言葉を発せずに最後まで一気に食べきると願いが叶う」とされています。

これを詳しく見ていきましょう。

 

・まず、1人に1本の太巻きを用意します

恵方の南南東を確認します

恵方から目をそらさずに無言で願い事をしながら食べていきます

・一度口をつけたら、口を離さずにに食べ切りましょう

 

恵方というのは、その年の福を司る神様がいる方向です。

恵方巻には、商売繁盛や無病息災を願って七福神にちなんだ7種類の具材を使うとされています。また七福神を包むと言うことで福を巻き込むという意味付けもされています。

七福神にちなみ福を包んでいる恵方巻をぶつ切りにしてしまう事は、福の神様と縁を切るということにつながりご利益をいただけないので1本丸ごとかじりついて食べましょう。

 

それでは願いをこめて食べた恵方巻きの願いをかなえるにはどうしたらよいのでしょうか?

 

願望実現、目標達成としての恵方巻きとは?

1年間の行事の中で願い事を込めるイベントというのはいくつか思い当たります。
まずお正月に多くの方が、その年の目標や願望思い浮かべるのではないでしょうか。

年が明けるということで、新たな気持ちで新年を迎えて、新しいことにチャレンジしてみようという気力も湧いてきます。

そんなお正月からひと月が経ち、節分になると願い事をしながら恵方巻きを食べるというイベントがあります。

恵方巻については全国的に広まったのは最近で文化が浅い分、それほど真剣に願い事を考えていない場合も多いかもしれません。

お正月から半年経つと、7月7日に七夕があります。これは子供の頃から行っている行事である場合が多いと思います。短冊に願いごとを書いて笹に飾るというものです。

大人になると短冊に願い事を書く機会はあまりなくなってしまうかもしれませんが、子供の頃は将来どんな風になりたいかとか、何かのおもちゃが欲しいかなどという願いを短冊に書いて笹に吊るしたものです。

パッと思いついただけで、年間に3回の目標や願い事を込めるイベントがあります。その他にも、4月の新学期に心新たに目標を設定したり、神社にお参りをしに行った時に手を合わせてお願いごとをしたりすることもあるでしょう。

スポンサードリンク

 

そんな年間行事を通して、本当に目標の達成や、願望の実現を実行するためにはどうしたら良いのでしょうか?

時期としてはこの3つの行事は、バランスが良い時期に配置されています。

お正月に立てた計画や目標を忘れそうになる頃、一か月後の節分にもう一度現在の状況と計画や目標を照らし合わせて、見直したときにどのぐらいの進行状況でどういった方向修正が必要であるかなどを考える機会として良い時期です。

また恵方巻は、願い事を口にしてしまうとご利益が逃げてしまうので無言で行います。無言で行うということで誰か他人と比べたり他人に目標を発表することもなく自分自身の中で向かい合うことができます。他人に報告してないのだから方向修正も自分の中だけですることができて恥をかくこともないでしょう。

次にお正月の目標から半年後の7月7日の七夕と言うイベントになります。正月から1ヶ月後に恵方巻きイベントにより、進行状況や方向修正を見直して正しい方向に行動できたならば、半年後の7月にはお正月の目標が徐々に実現に近づき始めている時期ではないでしょうか。

七夕というのは短冊に願い事を書いて笹に飾ります。これは恵方巻と違い、笹に願い事を書くことで他人にも見られる可能性があります。お正月から目標達成へと向けて少しずつ進展のあった計画を自分自身の中だけでなく周りの人達に発表するとどうなるでしょうか。他者からの協力をしてもらえたり他言したことで責任感がわいてきたりするものです。またここでも短冊への目標の書き込みの前に計画の進行状況や必要な方向修正を見直しましょう。さらに正しい方向性を帯び、目標の達成と願望の実現に向けて進んでいくには良い時期となりますね!

 

目標達成に必要なものは行動!反省!やる気!

目標達成するということに関しては、何よりもまず目標に向かって行動するということが大事になってきます。そして、その行動が本当に目標に到達するために必要な行動であるかということを見直すために計画を立てたりときには振り返って反省し方向修正することが必要となってきます。

 

目標達成する方法を細かく考えてみましょう。

行動について。目標達成するには辛く厳しい行動を続けるのではなく、いかにして自分のできそうな行動を計画していくかです。自分に合った目標を設定をして、行動するだけで目標が達成できる状態の計画を作り上げていくということになります。

計画ができて取り組む課題が見つかったら、後は成功するまで諦めずに行動を続けて目標達成するだけです。

反省すること。毎日の行動により計画通りに進まないことがあったら、目標達成を阻む問題点を一つずつ書き出すなどしてあげていって、問題点を克服できるように修正していくことが大切です。

 

次に行動を続けるために必要なものは何でしょうか?

やる気。モチベーション。そもそも何を行うにしてもやる気が出ないと行動が起こせなくなってしまいます。そのためにやる気を維持していくことが大事です。

スポンサードリンク

 

やる気を維持していく方法とはどのようなものでしょう?

小さな目標を立てる。最終的な目標を見据えて、そこにたどり着くためにやらなければいけない小さな目標を立ててクリアしていきましょう。

小さな目標でもクリアしていけば、その先には目標達成というゴールがあり、今の自分は停止したり後退しているのではなく前進していると理解できれば、やる気がなえてしまうことはなく明日へのやる気も湧いてくるでしょう!

ノルマの設置。また、どうしてもやる気がない日でも1日に最低やらなければならないノルマを設けておくことも大切です。一日さぼってしまうとなんとかやる気を出して取り返せても、3~4日サボってしまい「もう無理だ」と投げ出してしまうことも考えられます。

1日の最低限のノルマを設置し、こなしておくことでやる気の出ない日が3~4日続いても前進はできているので、回復してきたら再びやる気をもって計画を進めていくことができるでしょう。

目標達成後の自分をイメージする。目標達成を果たした自分にはどのようなメリットがあってどんなふうに変わっているのかということを具体的にイメージすると少し疲れてしまって、やる気が起きないときもイメージだけでやる気が復活するでしょう。

 

目標達成のためにやるべき事は何でしょうか?

計画を立てる。計画とは目標達成までの地図です。地図を見ないで闇雲に進んでも目的地まではたどり着けません。どんな方向にどれだけ進んでいくとどのような結果に結び付くのか。さらにその先にどういったものが待っているか。努力と行動を無駄にしないためには必須です!

具体的な目標を立てる目標設定をするときは、おおまかに「痩せたい」などではなく、何月何日までに何キロまで体重を減らすというような具体な目標を立てましょう。

目標が具体的でないと計画を立てる段階であいまいなものになってしまい、計画が破綻してしまうでしょう。逆に具体的な目標があれば、しっかりとした計画を立てることができます。

実現可能な目標立てる。目標が高すぎてしまうと日々の行動の中で失敗が続いてしまって、やる気がなくなってしまいます。やる気がなくなると行動もできなくなってしまうので目標達成できません。

具体的かつ実現可能な目標を立てることが大切です。行動していく中で途中で方向修正して実現可能な目標にするのもアリだと思います。

同じ失敗を繰り返さないようにする。目標に向かって行動していく途中で、その行動が間違っているときは、反省をして二度とその方向に進まないように計画を練り直すことが大切です。

行動をしないよりは行動して失敗を繰り返すことの方が大事です。しかし、失敗をしたらその失敗を次は繰り返さないように、目標達成の方向に進むように修正していかなければなりません。

目標を周りの人間に伝える。周りの人からの協力が得られたり、目標を他人に話したことによってその目標達成しなければならないという気持ちがもてたりします。

今回の内容では、七夕の時期に目標を周囲に伝えるのが良いとしましたが、個人差や目標内容の違いもあるのでご自身の性格などとも合わせて判断してください。

私の場合は、当初は自分の内に秘めているのですが、新年会などでお酒を飲んだ場で夢や目標として語ってしまうことが多いです。しかし、それによって関連情報が集まってきたりやる気につながったりしています。周りの方に恵まれていて感謝しています。

目標を達成している人を見つける。その道で成功している人にアドバイスを求めたり、素直に意見を聞き入れることが大切です。計画は地図と書きましたが、すでに自分が成功したい道で成功されている方は旅先案内人とでも呼ぶことができるでしょう。

同じ目標に対して自分がこれからたどろうとする道の経験があり、多くの失敗を積み重ねて成功までたどり着いている場合が多いです。そんな経験者の貴重なアドバイスをもらえる機会があれば素直に聞き入れて目標達成までの道のりの参考にさせてもらいましょう。

 

最後に、恵方巻きの願い事の話から本格的な願望実現の方法まで話が伸びてしまいましたが、せっかくの願い事イベントなので利用してご自身の願望や目標を達成してくださいね!

スポンサードリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です