肉まんをホットサンドメーカーで焼くと激うま!飯テロと話題!

寒い冬、コンビニの定番と言えば、肉まん、あんまんですよね!私のように一人暮らしをしていると家で肉まんを蒸したりするのはめんどくさくなってしまって、ついついコンビニで買ってしまいます。

そんなめんどくさがり屋でも簡単に自宅でできそうな画期的なツイートが話題になっています!

本来の蒸した肉まんではなく、こんがりと焼いたパニーニのような肉まんですが、見た目からして確実に美味い!と思われます。強力な飯テロ画像ツイートとして話題沸騰中です。

このツイートを投稿したのは、緑\(‘ω’)/箱‏(@midori_box)さん。ソーシャルゲームのキャラ作成などのお仕事をされているそうです。

 

スポンサードリンク

 

 

作り方

 

「市販の肉まん、ピザまんをそのままホットサンドメーカーにかける」というとてもシンプルなもの。

シンプルな説明過ぎて自分で作れるのか不安を感じたのでさらに調べてみました。

 

ツイートのホットサンドメーカーについて

 

ホットサンドメーカーは2種類あり、直火式と電気式があります。

今回のツイートで使われているのは、電気式のホットサンドメーカーで、「シュアー ホットサンドメーカー SHM-75S ブラック」で3000円程度で購入できるようです。

商品の特徴として、「中仕切りつきで、一度に4ピースのホットサンドが焼ける。高品質フッ素加工で、汚れにくく、焦げ付きにくいプレート。パイロットランプで加熱状態が分かりやすくなっている。」とのことです。

また、ワッフルメーカーでもできるという情報もありました。

 

ホットサンドメーカーの使い方

 

食パンの場合

①ホットサンドメーカーをコンセントにつなぐと予熱が開始されるので5~6分待つ。

②予熱の間にパンにバターやマーガリンを塗る。(今回の肉まんはバターを塗っていない)

③3~4分で焼きあがります。焼き目はお好みでとい事なのでパンの表面をチェックしながら焼くようです。

④片づけは、コンセントを抜いてプレート面に触れられるくらいの温かいうちに掃除するそうです。その後、完全に冷えてから片づけます。

という事で肉まんも同じような手順で調理できると思います。やはり焼きすぎて焦げてしまうともったいないので焼き目をチェックしながら調理した方が良さそうですね!

スポンサードリンク

 

使用する肉まんについて

 

コンビニで売っている蒸した肉まんではなく、市販で売っている主にレンジでチンして食べるタイプのものを使用するようです。

肉まん以外にもピザまんやあんまんも美味しいと報告がありました。

今回のツイートは肉まん自体が半分ずつになり、パニーニのような形ですが半分にせずに焼けるタイプのホットサンドメーカーでは「おやき」風になり、そちらも美味しいというコメントが多く寄せられています。

肉まん、あんまん、ピザまん以外だとカレーマンでもめちゃめちゃ美味しそうですよね!しかも焼き立てで表面パリパリで美味しさは間違いないです!!

 

まとめ

 

話題の飯テロメニュー「ホットサンドメーカーで焼いた肉まん」は、蒸かす前の市販の肉まんを使い、電気式ホットサンドメーカーの「シュアー ホットサンドメーカー SHM-75S ブラック」で作っていました。

肉まんだけでなく、あんまん、ピザまんなども美味しく、カリカリな表面の焼き目が見るからに美味しそうでした。

 

 

 

 

スポンサードリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です