自律神経失調症は集中とリラックスの切り替え機能の乱れ

スポンサードリンク


こんにちは。今回は自律神経失調症についてお話ししたいと思います。

【自律神経とは】

自律神経は交感神経副交感神経のです。交感神経に対して副交感神経という名前だと交感神経に次ぐ何らかの神経が副交感神経であるように感じますが、交感神経の反対が副交感神経という位置づけになっています。

交感神経ストレスを受けたり集中して物事に取り組んだりするときにスイッチが入り、副交感神経リラックスするときにスイッチが入るという形です。交感神経は心身を活発にするという役割、それに対し、副交感神経は心身を落ち着かせるという役割があります。

それでは自律神経に対する体の働きを説明していきましょう。

交換神経モードの時は血管が収縮し、血圧が上昇し、心拍数が増加し、胃腸の働きは抑制され、呼吸が速くなります。

副交感神経モードの時は血管が拡張し、血圧が加工し、心拍数が減少し、胃腸の働きが促進され、呼吸がゆっくりになります。

自律神経というのは自分で意識をして切り替える事も多少はできるでしょうが、無意識に身体の機能を調整しているものです。

スポンサードリンク

【自律神経失調症】

現代社会ではストレス過多な環境で仕事をしていたり、生活していたりすることが多いです。すると交換神経が興奮しすぎて、副交感神経に切り替わることがしづらくなっていることが多々あります。

自律神経の切り替えがうまくいかなくなってしまうことによる症状が自律神経失調症です。

主な症状としては、頭痛、動悸、めまい、耳鳴り、不眠、うつ症状、倦怠感(だるさ)などがあります。

例えば不眠症の場合、日中興奮しすぎた交感神経のスイッチが夜になっても副交感神経に切り替わらずリラックスモードに切り替われないため、夜、布団に入っても眠れなくなってしまう。夜眠れなかったために、翌日仕事や学校など集中しなければならないときに、今度は眠気が強くなり副交感神経のリラックスモードになり、居眠りをしてしまう。車の運転をしている日中に、眠くなってしまい事故を起こすというようなニュースを見かけることがあります。

このような自律神経失調症の改善をするためには、運動したり、ゆっくりお風呂に浸かったり、ストレッチをしたりして体をほぐしてあげるとリラックスしやすくなり、自律神経のスイッチが切り替わりやすくなります。

また日常生活でストレスが強すぎる場合には、環境変えられるならばストレスの少ない環境に身をおくということも大切です。

以上で自律神経と自律神経失調症の説明となります。どうもありがとうございました。

正しい姿勢を維持するためには腹斜筋が大事!

スポンサードリンク


こんにちは。今回は正しい姿勢とそれを維持するための筋肉についてお話しします。

【猫背姿勢による体への影響】

猫背姿勢の場合だとまず第一に首や肩、腰などに、人体の構造上、物理的に負担がかかり慢性的な肩こりや慢性的な腰痛につながってしまいます。

猫背姿勢の場合だと頭の重さを支えるのに背骨を上手に利用できず、体の背面側の脊柱起立筋や僧帽筋、胸鎖乳突筋に特に大きく負担がかかることになります。

脊柱起立筋というのは後頭部のあたりから腰の下の骨盤の方までを結ぶ、主に背骨をサポートする筋肉です。

本来、体を支えるのは背骨なのですが、猫背姿勢のようになってしまうと体の支柱である背骨が丸まってしまい力を抜くと倒れてしまいます。そんな体をを倒さないために脊柱起立筋が後ろに引っ張り続けて姿勢を保っているという状態です。

大きな力ではないのですが筋肉に長時間力を入れ続けている状態なので、筋肉内に乳酸が溜まり筋肉の柔軟性がなくなってきてガチガチの肩こりや腰痛の原因となります。

【胸郭について】

このような状態を正すには、胸郭を引き上げることが重要になってきます。

胸郭を引き上げたいけれど体が硬くて引き上がらないほど筋肉が固まっている場合もあります。そんな時はみぞおちの裏に半分に折った座布団やちょっと固めのクッションなどを入れて仰向けになり体の前面を伸ばすストレッチをすると良いです。

この時に肩が痛くない場合は両手をバンザイして上に伸ばすとより胸郭が伸展されて良いです。

伸ばす時間は、苦しい方は1分ぐらいから始めて、慣れてきたら5分ほど体の前面や側面が伸びているのを感じながらストレッチをすると良いです。

5分ほど仰向けに寝るだけのストレッチをしてからもう一度立ち上がってみましょう。すると先ほどよりも胸郭の上がった正しい姿勢が取りやすくなっていると思います。

胸郭の上がった正しい姿勢が取れているとするならば、頭が背骨の上にちゃんと乗るような姿勢を取れていると思います。

また良い姿勢をとるときに腰の力を使いすぎると腰に痛みが出てくることがあります。

スポンサードリンク

【腹斜筋について】

良い姿勢を取るときのポイントとしては腹斜筋という胸郭の下についている筋肉を鍛えると腰や背中の力でなく腹筋で良い姿勢が取れるようになります。

腹斜筋を意識するためには、立っている姿勢の時に両手を真上にバンザイします。この時に手のひらがまっすぐ上に向くような逆立ちをしているような姿勢になると良いです。

逆立ちをしているような姿勢になると胸郭が上がったような状態になります。胸郭が上がった状態をキープしながら腕と肩を下ろします。その時に胸郭の下の脇腹のあたりに少し力が入っていると思います。その部分が腹斜筋です。

最初は、良い姿勢を取ることで、すぐに疲れてしまうと思います。しかし、良い姿勢を続けていくことで、腹斜筋などの体幹部を支える筋肉群の筋力トレーニングになり徐々に良い姿勢の方が体に馴染んできます。

すると猫背姿勢の方が違和感を感じて辛くなってきます。そのようになれば、気を抜いた無意識の状態でも正しい姿勢をとっていることができ、辛い肩こりや腰痛とは無縁の体になっているはずです。

・正しい姿勢を理解すること
・正しい姿勢を続けて維持できる筋肉をつけていくこと
・それを体になじませ、無意識状態の時にも正しい姿勢をとれているような習慣をつけていくこと

が大事になってきます。

以上で正しい姿勢とそれを維持するための筋肉についてお話しを終わります。読んでくださりありがとうございました。

肩こり改善には胸郭の上がった正しい姿勢の理解が重要!

スポンサードリンク


こんにちは。今回は肩こりについてお話ししたいと思います。

【肩こりの原因】

肩こりの原因としては頭の重さを支え切れない首や肩の筋肉の疲労であることが多いです。

本来、頭蓋骨というのは背骨の上に乗っているものですが、猫背姿勢になってしまうと頭蓋骨の下に背骨がないために、脱力すると落ちてしまう頭を肩や首の筋肉で引っ張って姿勢を維持しているのです。

これを腕で例えてみると、成人の頭の重さは平均5kgと言われていますので5キロのバーベルをテーブルに肘をついて垂直に持ち上げるとします。垂直の時は楽ですが、角度をつけて斜めにしてみると数分で腕の筋肉がプルプルするくらいに重さを感じると思います。

猫背姿勢で頭が前に出ているというのは、これと同じような状態で、腕の筋肉が疲れてプルプルするように首や肩の筋肉も疲労が溜まってきて、筋肉が硬くなるという、いわゆる肩こりです。

肩や首の場合は腕と違って、体幹部の筋肉で腕の筋肉よりも太くしっかりしているので、プルプルとはなりませんが筋緊張や筋疲労は同じように起こってきます。

ということで肩こりを治すには頭蓋骨が背骨の上に乗った正しい姿勢をとることが重要です。

【正しい姿勢】

それでは正しい姿勢とはどういう姿勢なのでしょうか?

姿勢といっても立っている姿勢と座っている姿勢があります。

~立っている状態での正しい姿勢の取り方の説明の~

私がお勧めしているのは、まず両手をバンザイします。このときのバンザイというのは天地を逆にすると逆立ちをして、腕で体を支えられるような姿勢を作りましょう。腕が耳の横に来てまっすぐ伸びているような状態です。そして逆立ちをしているつもりで手首を反らしてみると手のひらが天井を向いている状態を作ります。

スポンサードリンク

この姿勢をとっているときに特に注目するのは胸郭と呼ばれている肋骨の状態です。普段、猫背姿勢の人はこの姿勢をするためには胸郭が上がらなければ手のひらが真上に向かないと思いますのでしっかりと胸から上げていきます。

この胸郭が上がった状態を維持しつつ、腕をおろしましょう。また少し肩も上がっていると思うので肩の力を抜いて肩も落とします。肩と同時に胸郭が落ちないように注意が必要です。

この胸郭が上がっていて肩が落ちている、この状態が正しい姿勢です。この時、背骨の真上に頭蓋骨がきて背骨で頭を支えていると思います。また、普段猫背だった人は顎が上がってしまい顔が斜め上を向いている場合があるので顎を引いて視線をまっすぐにしましょう。

これで完成です。慣れないと違和感があると思いますが、慣れてくると猫背姿勢の方が違和感を感じます。

~座っている状態での正しい姿勢の取り方の説明の~

立っているときのこの状態ができたら座っていてもこの胸郭が上がっている状態を作るようにしていくと、座っている状態の正しい姿勢となります。

座っているときは骨盤を立てて胸郭を上げると頭の中が自然と背骨の真上に来るはずです。

背もたれにもたれたりせずにまっすぐと座るのが一番いい姿勢ですが、ずっとこの状態をキープしておくのも疲れてしまうので、疲れてきたら体幹部をキープしたまま背もたれにもたれてみましょう。

このときに大事なのは腰が丸まらないようにお腹の力が抜けすぎないようにして背もたれによりかかることが大事です。背もたれを使った状態でも少し時間が経ってくるとまた疲れてしまうので、疲れたら再びまっすぐな姿勢に戻しましょう。背もたれにもたれないでまっすぐな状態と背もたれにもたれる状態を交互に繰り返すと座り続けてもあまり疲労が残らないと思います。

肩こりを解消するには、肩こりのメカニズムを理解すること!胸郭を上げることが重要です!

以上で、肩こりの話を終わります。ありがとうございました。